サイバーエージェント藤田晋の所有馬がデビュー勝ち

サイバーエージェント藤田晋の所有馬がデビュー勝ち

サイバーエージェントの社長である藤田晋氏の所有馬がデビュー戦を快勝した。藤田の所有馬はこれまで何頭かデビューしていたが、勝利を挙げるのは初めてだ。今回、勝利を飾ったのは、5月に千葉サラブレットセールにおいて4億7010万で取引されたドーブネ(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)。同馬は今年生まれた産駒がラストクロップとなるディープインパクト産駒で、今年の千葉サラブレットセールで最高取引額の馬として話題を呼んでいた。

9/4(土)の札幌5Rの2歳新馬戦(芝1500メートル=12頭立て)に出走したドーブネは、スタートして後方外目を追走。直線に向くと、半ばで一気に抜け出し、2着に2馬身差で快勝した。

この勝利の後、藤田は「ドーブネ勝った!」とツイート。愛馬の勝利を喜んでいたようだ。

また9/5(日)のG3小倉2歳ステークスには、こちらも所有馬であるデュガ(牡2歳、栗東・森秀行厩舎)が出走。未勝利の身ながら4着でゴールした。レースは4番人気のナムラクレア(牡2歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が勝利。突如鞍上が乗り替わりとなったが、代打の浜中俊騎手が結果を出した。ミッキーアイル産駒は2年連続の小倉2歳ステークス勝ちとなった。また2着の良血馬スリーパーダもミッキーアイル産駒。

ウマ娘効果で競馬界に大きな影響を与えている藤田晋氏。麻雀などで非常に勝負強いとされており、その勝負感や運が競馬においても発揮されるだろうか?来年以降も今年のセレクトセールで購入した良血馬たちのデビューが予定されている。所有馬の今後の活躍が楽しみだ。

スポーツカテゴリの最新記事